『枕の草子』や『源氏物語』にも登場する猫
平安時代の頃から人との関わりが深まった猫

過去

鼠狩りだけではなかった

日本猫は元々は鼠取りの益獣として輸入された。
そのため、外を自由に徘徊する猫が多かった。
しかしながら、なかなか繁殖せず
貴重な動物として扱われていた時代もあった。
昔から人と深く関わり現代に至る。
令和となった今、人と猫の関係について世の中は
大きく変わってきている。
一番大きく変わったのは、昔に比べ今
猫たちが生きていくには過酷となってしまった
環境ではないでしょうか…

猫と暮らすとは
 猫と共存すること

猫と人間の暮らしは工夫次第で幸せになれる
工夫を実体験できる場所、それが『猫くら』です。

この場所の意味

『猫くら』とは猫と暮らすを略したものです。
初めて聞く言葉だと思います。
猫との生活、それは可愛い、楽しい、癒される。
いいことばかりではないかもしれません。
どうしてうちの子は…
と思われることもあると思います。
これから猫を飼いたいけど何をしたらいいのか
わからない方もいると思います。
そんな時に気軽に相談できる場所にしたい。
自宅で猫は飼えないけど猫が大好き。
そんな時に気楽に猫と遊べる場所にしたい。
スタッフ一同、お待ちしております。

この子達の思いが
 誰かに伝わりますように

PAGE TOP
PAGE TOP